歯科インプラントのメリット

加齢と伴に歯のガタつきが目立つようになり、中には抜歯したり被せたりるす人も多いかと思います。
ひと昔であれば、虫歯で抜歯する場合も選択肢はブリッジか入れ歯だけでしたが近頃ではインプラント治療法が加わっています。

はたして、そのインプラント治療にどんなメリットがあるか、簡単にチェックしてみます。

虫歯治療で抜歯すると、当然のことながら隣の歯との間に隙間ができていまします。
この隙間を埋めるには、従来ですと入れ歯でしたが、いまは入れ歯に加えインプラント治療とがあります。

入れ歯とインプラント治療、どちらが後々まで有効な治療法なんでしょうか。
単なる治療なら、指し歯やブリッジも選択肢の1つですが、ここでは隣の歯との間に隙間を出さない自然に見える治療法としてインプラントと入れ歯に絞って比較検討します。

まず、抜歯後にインプラント治療を行うメリットを検証してみます。インプラントは、チタン製のネジを顎の骨に埋め込む治療法で、手術としては比較的簡単ですが歯茎を切開することになります。
中には心配される人もおられるようですが、インプラント技術も発達しおり懸念には及ばないでしょう。

インプラント治療を選択するメリットの最たるものは、人工物ですが死ぬまで使える歯根を手に入れることです。
抜歯をした後には歯根による穴が残っていますから、そこにチタン製の歯根を埋め込むことで自前の歯に限りなく近い人工歯を手に入れることができます。

チタンは性質上、顎の骨と結合しやすいために、ほとんど違和感を感じることはありません。また他のメリットととして治療の際に隣接する自前歯を削ったりする必要がありませんので歯に優しい治療方法ともいえます。

次に、抜歯後に入れ歯を作った場合には、どんなメリットがあるのかチェックしてみます。

入れ歯と他の治療法とで大きく違うのは何といっても、簡単に取り外しができることでしょう。自分自身でメンテナンスしたり、邪魔な時には、口の外に出すこともできます。

簡単に脱着できますので、「噛み合わせが合わなくなった」などの場合でも修理・調整するのは容易いことです。
また、費用をインプラント治療と比較すれば、かなり安価ですから経済的だといえるでしょう。

ただ、このようなメリットが存在する反面、デメリットも存在します。それはインプラントと違い歯根がないということです。そのために、入れ歯と歯茎の状態によっては、ものすごく不安定になり違和感を覚えることになります。

以上、簡単に比較検証しましたが、長く利用していくことを考えるとインプラントがおすすめです。
ただ、費用や治療期間など人それぞれで受容条件が違いますので詳しくは歯科クリニックで相談するほかありません。

インプラント歯科を選ぶ前にみるべき比較サイト